<ES細胞>ヒトクローン杯から作成 臓器複製に道

ヒトのクローン胚を使い、体を構成するあらゆる細胞になる能力を持った胚性幹細胞(ES細胞)づくりに成功したと、韓国・ソウル大などの研究チームが12日、米科学誌「サイエンス」(電子版)に発表した。

研究グループは「理論的には、拒絶反応の起きない移植用の細胞や組織をつくれることになり、脳神経疾患や糖尿病などの再生医療につながる」としている。

しかし、クローン人間づくりにつながる技術を利用しており、生命倫理をめぐる議論を呼ぶことになりそうだ。

研究グループは、インフォームドコンセント(十分な説明に基づく同意)を得た16人の女性から242個の卵母細胞(卵子のもと)の提供を受けた。

このうち176個の卵母細胞の核を取り除き、卵母細胞と同じ人の体細胞を移植してクローン胚を作成した。

このうち30個が、子宮に着床できる胚盤胞と呼ばれる段階まで分裂が進んだ。

うち20個から内部細胞塊を採取して培養。

最終的に1株のES細胞ができた。

ヒトクローン胚の作成は、01年に米のベンチャー企業も成功を報告したが、胚の分裂は初期段階で止まっており、胚盤胞に成長したのも今回が初めて。

このES細胞をマウスに移植したところ、神経や筋肉などさまざまな細胞に分化することも確かめられた。

今回のヒトクローン胚を女性の子宮に戻して育てれば、クローン赤ちゃんの誕生につながる可能性がある。

ヒトクローン胚の作成は日本では認められていないが、韓国では難病などの医療研究目的に限って認めている。

クローン人間禁止条約の制定作業を進めてきた国連でも、医療研究目的でヒトクローン胚の作成を認めるかどうかで各国の意見が分かれ、昨年末から交渉が1年間凍結されている。


既に現実化していると思う。




医薬品ができるまで

http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9874/

[PR]
by horai_japan | 2004-02-12 22:02 | 医療ニュース
<< 発症から死まで10日 越の鳥イ... <鳥インフルエンザ>マイナス影... >>