モニターへの道にある「壁」

壁にぶち当たる(スランプに陥いる)ことって、どういう意味があるのか?

それを乗り越えると何が待っているのか?

使い古された陳腐な言葉を「知っているだけの人」と、実行して「肌身で実感している人」との間には50億光年以上の差がある。

その50億光年先の人とこちらの諦めた人との違いは?


・・・ということで、今週の治験日記は「モニターへの道にある『壁』」です。


続きはこちら
 ↓
医薬品ができるまで

http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9874/

[PR]
by horai_japan | 2004-02-15 22:18 | ホームページ更新報告
<< 米NJ州の家禽市場4カ所で鳥イ... 「18日に終息を宣言」 鳥イン... >>