<世界保健機関>食事療法で初の国際規範 根強い反対も

世界保健機関(WHO)が、肥満症や心臓疾患などを防ぐためのガイドラインとして、砂糖や塩、脂肪の摂取規制を盛り込んだ「食事と運動と健康に関する世界戦略」の最終草案をまとめた。

17日からジュネーブで開くWHO総会で採択を目指す。

採択されればダイエット(食事療法)に関する初の国際規範となる。

果たして、上手くいくのか?




医薬品ができるまで
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9874/

[PR]
by horai_japan | 2004-05-03 20:32 | 医療ニュース
<< 薬剤師以外の販売も検討 リスク... 北京:新たにSARS感染例を確... >>