抗リウマチ薬などの臨床評価GL策定へ

厚生労働省医薬食品局審査管理課の関野秀人課長補佐は19日に都内で開かれた新薬審査部門定期説明会(日本公定書協会主催)で、抗リウマチ薬などの臨床評価ガイドラインを新たに作成する考えを示した。

高脂血症治療薬などのGLの改訂版も策定するという。

完成時期は未定。

完成したGLは、新薬の承認審査などに活用する方針だ。

このガイドラインの完成時期がまた微妙に治験の進捗に影響するのだ。

早く出来たら、早く公開してね。



医薬品ができるまで

http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9874/

[PR]
by horai_japan | 2004-02-20 19:39 | 医療ニュース
<< 『異端児』であるということ 骨髄幹細胞で脳梗塞治療 札医大... >>