cdk6が乳ガンの増殖抑制を示す


米国National Jewish医学研究センターの研究者たちは、2月20日、細胞周期制御に重要な役割を果たすことで知られる蛋白質、cdk6が、ある種の細胞では増殖を阻害すること、そして、乳ガンの発症に役割を果たしている可能性を発見したと発表した。


う~~む、これだけでは治療に結びつくかどうかまだ分からないね。

でも、こういった、一つ一つの研究成果の積み重ねの上に、画期的新薬って生まれるんだよね。





医薬品ができるまで
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9874/

[PR]
by horai_japan | 2004-02-25 22:27 | 医療ニュース
<< アルツハイマー病の疾患進行過程... National Jewish... >>