世界で初めて異体クローン

最新彊金牛生物股フェン有限公司で1月21日、世界で初めて異体クローンバンヨウ(高山地帯のヤギの一種)が誕生した。

現在このクローンバンヨウは正常に発育しているという。

新彊金牛生物股フェン有限公司と中国科学院動物所は共同で2003年9月8日に異体クローン技術の運用を本格的に開始した。

国家一級保護動物であるバンヨウの耳の体細胞を摘出、実験室での数回に渡る培養を経て、胚胎の組み替えと融合を行い、母ヤギの体内に受胎させた。

この異体クローンバンヨウの誕生は、絶滅に瀕している希少動物の保護に、新しい方法を提供するもので、クローン技術に関しては、新彊における技術向上の着実な基礎を築いたといえるだろう。


またまた倫理的な問題点が発生したとも言えるだろう。



医薬品ができるまで
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9874/

[PR]
by horai_japan | 2004-02-05 22:09 | 医療ニュース
<< 「ヘルメット」で低温療法=脳梗... 無申請で着床前診断、2例は男女... >>