日本臨床腫瘍学会 臨床腫瘍専門医制度発足へ

非小細胞肺がん治療薬「イレッサ」の重篤な副作用や抗がん剤の投与量ミスなど、抗がん剤治療にかかわる問題が多発していることを踏まえ、日本臨床腫瘍学会(西條長宏理事長)は11日、臨床腫瘍専門医制度を発足させることを明らかにした。

来年4月までに専門医認定研修施設を決め、06年3月に初の専門医を認定したい考えで、がん薬物療法の専門医を養成する。




医薬品ができるまで
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9874/

[PR]
by horai_japan | 2004-03-15 23:58 | 医療ニュース
<< G型肝炎がHIVを抑制?ダブル... カテキンの標的たんぱく発見 九... >>