2004年 03月 30日 ( 1 )

田辺製薬、大衆薬事業を縮小

大衆薬担当の営業員を3割削減し、営業戦略をドリンク剤など四品目に集中する。

赤字が続く大衆薬事業の黒字化を急ぐとともに、人員シフトで主力の医療用医薬品事業を強化する。

4月1日付で大衆薬を担当するヘルスケア事業部の人員を現在の77人から51人に削減する。

営業員が中心で、主に医療用医薬品の医薬情報担当者(MR)などに配置転換する。

同事業部の人員は01年度には100人を超えていた。



医薬品ができるまで
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9874/

[PR]
by horai_japan | 2004-03-30 05:00 | 医療ニュース