うつ治療薬が売れる社会

昨年のわが国の自殺者は三万二千人余りで五年連続で三万人を超えた。長期不況の下、リストラなどで「うつ」の症状を訴える人が増え、治療薬への関心も高まっている。

 国内では二百億円程度で横ばい状態だった治療薬市場は昨年には約五百五十億円に拡大した。不況で疲れ切った「ストレス社会」を象徴するような話だ。

 自殺者の八、九割はうつ病など何らかの心の病を抱え、早期の対策が欠かせない。このため、厚労省は昨年「有識者懇談会」を発足させ、本格的な対策に乗り出した。うつ病は「心の風邪」と呼ばれるほど身近な病気にもなっている。だが同省の調査によると、成人の十五人に一人が経験しながら、うち医療機関を受診した人は25%にとどまっている。

 同省は有識者懇の提言に基づき、先ごろ「地域におけるうつ対策検討会」の初会合を開いた。検討会では精神科以外の一般内科医などを対象にした診断・対策マニュアルを年内に作成することを決めた。うつ病と気付かずにいる人に治療を促すためだ。

 国の対策は緒についたばかり。交通戦争という言葉があるが、事故死者の約四倍もの人が自ら命を絶っている状況は深刻だ。経済対策と同時に、心の面の予防策が急務だ




医薬品ができるまで
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9874/

[PR]
# by horai_japan | 2004-02-07 21:38 | 医療ニュース

「ヘルメット」で低温療法=脳梗塞の効果実証-国立循環器病センター

国立循環器病センター(大阪府吹田市)は5日までに、脳梗塞(こうそく)を起こし倒れた患者らの脳低温療法で、ヘルメット型の器具を用いて頭と首だけを冷やす新しい治療法の有効性を実証した。

従来の体全体を冷やす方法より簡便で、成果は米国で開かれた学会で発表された。
 
脳低温療法は、損傷した脳を冷やすことで、脳の腫れを抑え、周囲の正常な部分への影響を防ぐ治療法。
 
同センターは脳梗塞になって3~12時間の患者17人に、ヘルメット型器具による治療を実施。
脳の腫れを防ぐ点滴などとともに3日から1週間冷やした結果、約1カ月で半数以上の患者の運動機能などが改善し、長期的には全員が回復を見せたという。
 
脳だけでなく体全体を冷やす方法は、全身麻酔をするため、呼吸や血圧の管理も必要だった。新治療法では全身麻酔の必要はない。
 
同センターは「全身を冷やす方が効果的だが、この方法は集中治療室(ICU)のない一般病院にも普及可能」と話している。



医薬品ができるまで
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9874/

[PR]
# by horai_japan | 2004-02-06 20:19 | 医療ニュース

世界で初めて異体クローン

最新彊金牛生物股フェン有限公司で1月21日、世界で初めて異体クローンバンヨウ(高山地帯のヤギの一種)が誕生した。

現在このクローンバンヨウは正常に発育しているという。

新彊金牛生物股フェン有限公司と中国科学院動物所は共同で2003年9月8日に異体クローン技術の運用を本格的に開始した。

国家一級保護動物であるバンヨウの耳の体細胞を摘出、実験室での数回に渡る培養を経て、胚胎の組み替えと融合を行い、母ヤギの体内に受胎させた。

この異体クローンバンヨウの誕生は、絶滅に瀕している希少動物の保護に、新しい方法を提供するもので、クローン技術に関しては、新彊における技術向上の着実な基礎を築いたといえるだろう。


またまた倫理的な問題点が発生したとも言えるだろう。



医薬品ができるまで
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9874/

[PR]
# by horai_japan | 2004-02-05 22:09 | 医療ニュース

無申請で着床前診断、2例は男女産み分け

体外受精卵の染色体異常や性別などを調べて選別する「着床前診断」を2002年から3例実施していたことを、神戸市灘区の大谷産婦人科(大谷徹郎院長)が、3日明らかにした。

着床前診断は命の選別との批判があるため、日本産科婦人科学会は会告で、実施を「重い遺伝病の診断」に限定しており、これまで申請を認めた例はない。

同産婦人科では、2例は男女産み分けを希望し、1例は染色体異常を心配し診断を望んだため実施したとしているが、いずれも会告には該当しないとみられる。

大谷院長は学会員だが申請しておらず、生命倫理をめぐり波紋を広げそうだ。


大谷院長(48)によると、2002年末、女児を希望する女性を知人の医師から紹介された。

この女性は男児が2人おり、人工授精を計20回行って男児を妊娠したが出産には至らなかった。
このため翌年6月までに2回、性別が判定できる着床前診断を実施し、2回目で希望通り女児を妊娠。近く出産するという。


2人目は男児を希望する女性で、昨年、着床前診断を経て妊娠したものの、自然流産した。

 
3人目の女性は高齢出産のため染色体異常を心配して、今年に入って着床前診断を実施した。
現在は受精卵の検査結果を待っている。いずれも学会の会告では認めないケースとされる。


検査は院内の技師が行い、費用は1回20万円。大谷院長は神戸大元助教授。
「学会の指針にはなるべく従うが、職能団体にすぎず、100%拘束されるつもりはない」と話している。

 
同産婦人科のホームページには「体外受精や顕微授精で妊娠しても染色体異常が見つかることがあり、とても悩むことになる。異常の有無を検査しておけば、悩みを未然に防げる」との説明を載せている。

着床前診断について日本産科婦人科学会は98年、治療法のない重い遺伝病に限り、個別審査を条件に容認した。

99年、鹿児島大が筋ジストロフィーの可能性を調べる申請を出したが、学会は「診断法が適切ではない」と却下。

同年、福岡県の開業医が申請した習慣性流産の診断も「重い遺伝病とは言えない」と退けた。

現在、名古屋市立大と慶応大が申請した筋ジストロフィーの遺伝子検査による診断を審査している。


◆着床前診断=不妊治療の技術である体外受精を利用し、染色体や遺伝子の異常などを検査、多数の受精卵から問題のないものだけを選んで着床させる。米、伊などでは規制はなく、英、仏では条件付きで実施。1997年までに欧米35施設で377組が診断を受け、96人が出生したという。米では男女産み分け目的でも使われている。


両親の気持ちを法律が押えることができるのだろうか?



医薬品ができるまで
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9874/

[PR]
# by horai_japan | 2004-02-04 21:48 | 医療ニュース

新型肺炎の感染防ぐ抗体物質、米研究チームが発見

新型肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)の感染を防ぐ人間の抗体物質を、米ハーバード大付属ダナ・ファーバーがん研究所などの研究チームが発見し、2日の米科学アカデミー紀要電子版に発表した。

SARSのワクチン、治療薬は未開発だが、研究チームは、この抗体物質が有力候補になるとしている。

SARSウイルスの表面には、感染する相手の細胞に取りつく際に働くカギ状のたんぱく質(s1)がある。
研究チームが見つけた抗体物質は、s1たんぱく質に結合して、その働きを抑制するという。

同研究所は、約270億種類の人間の抗体物質を保存している。

研究チームは、s1たんぱく質にさまざまな抗体物質を注いで、s1たんぱく質に反応する8つの抗体物質を選定。
これを人間の培養細胞を使って調べたところ、この抗体物質1種類が、ウイルス感染を強力に防ぐことを確かめた。


つまり270億分の1。まぁまぁだね。



医薬品ができるまで
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9874/

[PR]
# by horai_japan | 2004-02-03 21:29 | 医療ニュース